Barbarian Office Depot
日々の出来事を気ままに書いてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
何も出来ないので、今を必死に生きる

ざわつくけど、何もできないので、今の生活を必死で生きる

2017年のはじまり

あけましておめでとうございます。

本年の抱負は GET OVER IT!

乗り越える年としました。

 

独立して6年何とか過ごしていますが、この先を見据えると

今年は乗り越えなければならない年と思います。

 

年始のお客様との会議で、「自分が動く、そこにあるスキルをどう取り込むか

そのままにしていても何も変わらない」と言う話が飛び交い気付されました。

年末に考えていた自分の反省とダブリ、自分の行動力の無さに更に反省です。

 

仕事量を増やすために、どうするかを考えすぐに動く。

自分の能力で、お客様の最善を提案する。

 

即行動

●サイトリニューアルで、実績をアピールする

●今出来るスキルをフルに生かす。

 

始めます。

年初めから、、、
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

久々の投稿です。
さっきまで書いていた原稿が消えました。ショックなので画像のみアップします。

目標色々書きましたが、消えたので、手っ取り早く言うとチェンジです。


仕事始め?
本日より実務開始です。

今年一年、耐える年とFBの漢字一字で出ました。
心に刻んで頑張ります。
今年は、勉強の寿
開けまして、おめでとうござます。
今年は新装開店で望みます。

人生勉強
福井酒店は、人生の吹きだまりである。
今日もまた、客の話で盛り上がる。おもろい話、儲け話、悪い話、噂話、悲しい話。
色々聞ける福井酒店。
今日も凄い話で盛り上がっているが、今日の話は、書けない。

そんな店に生まれた私。
お客さんの話に耳を傾けると、人生勉強になる。
 
ここんとこ
久々の更新。
ちょっと早いですが、今年を振り返り、ブログやフェイスブックへの投稿をしていると昨年の自分はどうだったかが記録として残っているので便利でもあり、有言実行できていたかがすぐわかり、恥ずかしいです。

そして、昨年のブロを見たところ、ビックリしました。
2012年10月26日に「ここんとこ」と言うタイトルで振り返っている。

なので、今回も「ここんとこ」でいこう。

一応昨年の自分なりのテーマは、「若返り」であった。
色んな意味で若返りとテーマにしてみたが、成果があったのか振り返る。
取組みで考えたことは、仕事では、昔のようにチャレンジする若さ。容姿では、ダイエット(気持ちだけ)・髪を染める・洋服に気を使う。などである。

仕事:
●昨年と比べ、外に出る回数が増えた。
●昨年とは違う仕事も増えた。(減ったのもある)
●売上が上がった。(まだあと二か月わかりませんが。)
●事務所の扉を今年も付けれなかった。(シャッターのまま、で結構気に入っている。集中できる)

容姿/生活:
●髪を染めてみたが、二か月で断念。
●服を新調しようと思ったが、サイズが無い。
●ダイエット継続中?
●子供たちとの会話は、順調。睡眠時間は昨年より少し減った(まぁしょうがない)

ゆる〜いテーマで、ゆる〜く実行したが仕事面しかプラスになっていない。反省。
本当は、長期のテーマ(目標)を決め、進めて行かなければならないとわかっていても計画できない。反省。
身体も40過ぎてこの食欲では、あと数年で死ぬと思いながら、体重を減らせない。反省。

今年を反省しつつ、来年のテーマを決めた。(決めたというより、決まったからブログを更新している)

来年のテーマは「勉強」です。
チャレンジすることは、昨年同様続け、さらに新たな知識や技術、そして繋がりを自分の糧として更なる飛躍を目指す!!!
言い過ぎですね。

正直言いますと、常に勉強しないと取り残されます。それを感じる今日この頃。
もっと、もっと新しいことを知りたいと思い、感じたのでこのブログを書きました。

以上、有言実行します。




 
恵美須湯
昔、家に風呂がなかった。
昭和50年ぐらいは、生野の半数は風呂屋に通っていた。(ウソ)

家もその一軒である。11枚綴りの回数券で2日に一度くらいのペースで行っていた。
日本に毎日風呂に入る習慣が定着したのは、シャンプー業界の努力らしい。

小学校二年生までは、母親と一緒に風呂屋に行っていたが、同級生の女の子と遭遇して以来、父親と男風呂に入るようになった。

メリットからトニックシャンプーへの変更は、衝撃的だった!頭スースーで慣れるまでに数回かかった。

下町の風呂屋に長く通うと、いろいろな楽しみ方を発見する。
カガミをくもらなくする方法。石鹸をカガミに塗り、膜をつくる。
浴槽の縁の座れる椅子部分に石鹸を塗り込み、お尻ですべる。これがなかなか面白い。
つるつるでガンガン滑る。その時は最高に面白いが風呂上がりに尻がヒリヒリで真っ赤になっている。

ジェット泡のでる所に、シャンプーを落としたことがあった。泡風呂になった。
ちょっとの好奇心がもの凄い事件となる。全然しらんおっさんに、めちゃめちゃ怒られた
怒られながら、そのおっちゃんとお湯をかき出し泡がなくなるまで10分かかった。

風呂屋は友達たちとの遊び場だった。ニューフジバという風呂屋。サウナ、水風呂、露天風呂、充実した設備。月に一回は、笹岡とミゾンゲと一緒にニューフジバを満喫していた。
そしてフジバには、もう一つ秘密があった。水風呂が女風呂と繋がっているのである。
かなり冷たい水風呂に、水中メガネを井上(駄菓子屋)で購入し、ワクワクしてフジバに行った。チンチンが縮み上がるくらい冷たい水を我慢して、かわりべんたんで潜る。
駄菓子屋の水中メガネでは限界がある。
ミゾンゲが「今ちょっと見えた!!」と興奮して伝える。
「ほんまか!」笹岡と俺が言う。
今考えると、そんな冷たい水風呂に、若いお姉ちゃんが入るとは考えられない。
何と馬鹿な子供時代、でもそれが楽しかった。

そんな色んな思い出が詰まるフジバもなくなり、つい最近恵美須湯も閉店してしまった。
風呂上がりのスコール、フルーツジュース、10円入れてハンドル操作で出てくる味豆
沢山の思い出が詰まっていた。


久々にアップ
正月以来の更新です。
FBへ投稿してしまうと、「もういっか」と思ってしまう。
いかん。
でもネタが無いので、写真をアップ。

また、更新します。

ブログ今年初のアップです。
今年の年賀状をアップします。
家用は、子どもの一年を切り抜きで貼付けました。特に一番下の子はムチムチ度もアップして超プリティーです。(親ばか)
息子2人は顔だけではわかりませんが、背がぐんぐん伸びております。
昨年のドラマシリーズも考えたのですが、良い題材もなくシリーズ化できませんでした。
大河ドラマ「八重の桜」良いかも、家は八戸ノ里ですし、語呂もぴったりです。


事務所用は、そのまま蛇の目です。
蛇の目のように睨みをきかし、デザイン業に邁進する心意気を表現しました。(後付け)

本年もよろしくお願いいたします。